「ほっ」と。キャンペーン

わたくし、こんな絵をかいてます~Look at my ART!

qumiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

版画工房へ行きました。

久しぶりに芸術の森版画工房へ行きました。
リトグラフ。しかしこれは「リトプレート」と呼ばれる、簡単な手法でできる新しいものです。
薬品を使わず、製版はボールペンや巻き鉛筆(ダーマトグラフ)などで描写するだけ。
とても簡単です。
↓版のようす。
d0042847_21384338.jpg

ところが、刷るときが大変。私がなかなか慣れないせいもあるのですが
リトプレートはぺらぺらで、ロールでインクを付けるときにベロッと巻き上げてしまったり
周囲をインクで汚してしまったりとてんやわんやでした。

去年一度やっていて、一通り手順や留意点など覚えているはずなのに
すっかりきれいに忘れていたことに愕然としつつ
その時工房にいた親切な方たちが教えてくれ、また手伝ってくださいました。

私がすべき苦労を周囲がしているから、覚えないんでしょーか…。

d0042847_21382298.jpg

普通のリトグラフとはだいぶ違うそうですし、リトプレートを手に入れるところは日本国内では限られていて珍しいからでしょうか、版画に詳しい方に説明(らしきもの)をすると大体「へ~~~~~」と感心してくれます。
じゃあ華麗に完璧に扱えるようになれたらいいのに、それにはもっと時間がかかりそうです。

d0042847_21405380.jpg


気軽に描いたスケッチ画を版画にできるのが魅力。
紙は凹凸の少ないものが適しているそうですが(”いづみ”など) 私は普段使っている水彩紙、ケナフやアルビレオの細目などを使いました。透明水彩で色を付けることを前提としているので、あまり擦れが気にならないのです。


リトプレート・マスターになるべく、手順などメモしておこうかなっと。
[PR]
by sichihuku | 2012-11-26 22:41

寒くなりました

d0042847_1505426.jpg


こんなストーブがあればいいのになぁ~。
冬が来るたびに思います。ストーブの上でぐつぐつ何かを煮込んだり、お茶を煮出したり、お芋をふかしたり。
そんなことができたら大変な冬も(私の住むところは特に雪が大変なのです)楽しめるんだけどな~と。

本格的な冬になりました。
嫌々と言ってても来るものは来るんだよねと家族でため息をつくのが毎年の習わしみたいなものです。

今寝るとき楽しみなのが湯たんぽをベッドの中に入れることでして
朝そのお湯で身支度をするのが、何とも楽しいのです。
「一つのお湯で二度使えるこのやりくり上手」とほくそ笑みつつ、ぬるくなったお湯で目やにを落とす朝。ふふふ。

朝は父が温かいスープを作ってくれて
それを楽しみにも起きるようになりました。最近は起きるのがあんまり辛くなくなって嬉しいです。

今日会った友人は編み物をYoutubeを観て独学で勉強したというのでびっくり。
編み物とか縫物ができたらきっともっと冬を楽しめるだろうな。


もう寝よう。皆様おやすみなさい。
[PR]
by sichihuku | 2012-11-26 02:14

コーンと近況

d0042847_15306100.jpg

 Cones インク、水彩、パステル。

パステルを使ったのは久しぶりです。
手稲で教えている教室がパステルを使う人が多いので、私も使ってみた次第。
紙はドイツで買ったザラザラしたもの。水彩には向かない、ペラペラしたスケッチ用の用紙でした。
でも無理やり水彩絵の具を使いましたけどね…。

コーンはいつもお世話になっている農家の方の納屋に干されていたもの。
小学生の時、描かされたっけなー。たのしかったな。
そんなことを思い出に浸りながらの一枚です。


しばらく更新をしませんでした。テレビでは関東で紅葉が見ごろだというこの時期に、北海道ではすっかり雪が降ってクリスマス気分いっぱい。家にいるぬいぐるみはほぼみんなサンタクロースかトナカイに扮しており、そろそろそれに合わせてツリーも出さなきゃね、等話しているところです。

4月に個展をして、5月はドイツ、そしてそのまま秋に地元当別で展示をするはずだったのに
残念なことに諸々の事情からかなわなくなってしまいました。
カレンダーも来年度のものは作らないことにし、ご連絡をくださった方には本当に申し訳なく思っております。

そう凹んでいたところに、素敵な出会いがあり、画家業として実に光栄な出来事もあったりと
またじっくり画面に向かう日々を送っています。

ペイント中のタヌキども。6匹兄弟になる予定です。
d0042847_1446299.jpg


節電の時期に怒られそうなのですが
どうも皆が寝静まった頃が一番集中して描けるようです。
イラストの仕事とはまた別な時間の流れ方があることに気が付きました。
絵を描いているときの集中の仕方というのは、ちょっと普通と違った感じになるのです。トランス状態というのか、完全に「普通でなくなる」必要があるみたい。誰にも侵されてはいけない時間を確保することが大切なのだと。
実家に住みながら、なんと贅沢な甘ったれた話をしているのかと思われるかもしれないのですけど

中々時間の使い方がわからなかった私には、結構な大発見だったりします。

自分に素直に、描きたいように描き続けるのは、仕事としていかに難しいことであると同時になんと重要であるかと再認識をしているところ。


来年の展示に向けて頑張ります。
[PR]
by sichihuku | 2012-11-23 15:40

お蕎麦屋の福住さんでの展示終了!

「そば処 福住」さんでの展示は今日をもちまして終了しました!今までお世話になりました~♪
[PR]
by sichihuku | 2012-11-16 16:54