わたくし、こんな絵をかいてます~Look at my ART!

qumiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ジクレー印刷の可能性





秋だからアンニュイなのかなと思いきや、計ってみたら上が82、下が45の超低血圧だった今日この頃。
ウェブサイトで調べたら「低血圧だからって甘えてはいけません」などと書いており
秋晴れの下、ビタミン剤をのんだりしております。皆様お元気でいらっしゃいますか。

数年前から気になっていた『ジグレープリント』。
地元の業者をみつけたのでテストプリントをお願いし…灯台下暗しですね。今朝とどきました。
d0042847_13462048.jpg

ジグレー(Giclee)…高デジタル技術で原画をデータ化、 原画を精密かつ忠実に再現した版画

従来の版画のように、版ではなく、それに該当するのがデータ。プリントアウトするので、
はたしてジグレーが『版画』の範疇に入るのかどうかは専門家の間で議論があり…難しい部分ではあると聞いていますが

版画って英語で『プリント』なわけですし、ともかく複製可能な技術で新しい物であるのは確かのようです。
LOFTなどで扱っている絵画のなかでも、
シルクスクリーンに続き、ジグレーと書かれている作品は数多くみられます。


以前関東地区の某業者にテストをお願いしたことがありますが
結果は大地を揺るがす衝撃的なダメプリント。
道産子なのに『…なんでやねん』と関西弁で突っ込みを入れたくなる仕上がりだったのでした。


しかし、北海道でもジグレーを扱うところを発見!!
「本当に上手いこと仕上がるんですかぁぁぁ~?」「色が原画と違いすぎたら困るのですよぉぉぉ~?」
疑い100%の問い合わせを繰り返したら、なんとこちらでもパターンに分けてテストをしてくださいました。


いいかんじ!!!
わがまま聞いてくださってありがとうございました!いい感じです!!



紙は、ハーネミューレ。版画でもおなじみの高級紙で、以前大変お世話になりました。
印刷共、耐久性は抜群。



原画を主につくる私には朗報です。もしこれを本格的に扱えるようになったら窓口はグッとひろがります。
選べる技術や手法がある事は本当に恵まれた環境といえます。

あとは私がしっかりすればいいこと。自分の作品を大切にしていけばいいことです。



d0042847_13503527.jpg

ここのところ秋晴れが続く札幌。大通公園の噴水も元気です。
逆光があたって水しぶきがキラキラ。通行人がみな声を上げていました。
私も『あ~♪ すごーい!キレーイ』などいいながらパシャリ。
直後、
『んあ゛-----っ!』カメラに襲い掛かる水しぶきに小走りで逃げました。
d0042847_1351725.jpg

西日に当たったマリーゴールドが切ないですねぇ。
時期が過ぎたマリーゴールドは、近所のおじさんの場合、全部掘り返しちゃうんですが
私に言わせりゃあ『おじさん、わかってないね』。
ドライフラワーのようになった頃のこの花が一番好きかな。
うちの庭には植えないんだけど(笑)

童謡の「ちいさい秋みつけた」が頭で聞こえます。


むかしの むかしの 風見の鳥の
ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ
はぜの葉赤くて 入日色





[PR]
by sichihuku | 2009-10-29 14:31

ハロウィン



二年前に描いた、あるカレンダーのための絵です。
ちょうど10月仕様で、ハロウィンの絵でした。私にとっては『いかにも昔描いた絵だなぁー』って感じ。
d0042847_16582690.jpg

時間に追われ、描いて泣きながら仕上げたのを覚えています。


ハロウィンって、ソニプラあたりでワイワイやってるのを見るぐらいで、
実際パーティーを開いて楽しんでる日本人は少ないんじゃないのかなー、と思ってました。

しかし、こちらは某友人宅。それはそれは盛大にハロウィンをやったんですよね。
「そ、そこまでやるか!」ってな程にやります。
d0042847_17132040.jpg

この写真はそこで開かれたハロウィンパーティーの一枚。すごくない?脳みそゼリーです!!
もぉ、ちょっとの振動でプルプルプルプルするんですよ。
上にのってる杏仁がウジみたいで…素晴らしく不気味。

そう。これは杏仁豆腐!


映画『ハンニバル』で、レクター博士が脳みそのソテーを子どもに食べさせるシーンがあって
小さくカットして「お弁当仕様」になってたので、ガッカリ!
「これじゃあただの冷凍焼けしたキノコじゃん」なんて不満爆発させていた直後で
でてきたこの脳みそゼリー。


嬉しくなっちゃったんだよね、いひひひ。最高傑作だよね。


『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のDVDを買おうか迷い中です。
今更観て、今更とりこになってしまった。


[PR]
by sichihuku | 2009-10-20 17:32

アボカドのアボ吉さん




息抜きに更新です。
d0042847_3342755.jpg

またも、植物を育てております。アボカドの種!!
一つだけ買って来て、しょう油で平らげた後、残った種を植えました。
それが先週の火曜日だから、今日で丁度一週間。

東京にいる友達が先にアボカド育成を成功させており、
彼女がそれに『アボ吉』と名づけていたので


私も自然と、というか勝手に『アボ吉』と呼ぶようになりました。


この種が40日ごろにパカッと割れてにょろ~り芽を伸ばすんですから
楽しみでなりません。


タニク植物、謎の雑草に、アボ吉。
なんか、机の上に色んな植物が繁殖し始めていて
じゃま臭いんだけど、可愛がることにしました。



[PR]
by sichihuku | 2009-10-20 03:41

近況・ちゃんと描いていますよ




年に一度は「う~ん、ウ~ン、U~n」とあれこれ悩んでも仕方が無いことに囚われるナイーブな私
(はい、「年に一度しか悩まないのか」とか言わないこと!)ですが時間がかかりました。
それは八割は自分の絵に対してのこと。
それはつまり外との繋がりのこと。そして自分自身一体どうしたかったのよ!ってこと。全てが繋がる事柄のようです。
あれこれ唸ってたら、なんか突然スッキリしちゃって(笑) 大よそが吹っ切れました。
久々に自由に描けるようになっています。こうして少しずつ囚われては開放され、を繰り返していくんですかねぇ。
失ったこともあるんでしょうけれども、まぁ、描かないことにはね。始まりませんからね。
段々ペンが自由になっていくのを感じているところ。
d0042847_22281155.jpg

先日、友人が仕事場に遊びに来て『あのさぁ、久美子は一度、杉本彩を描けばいいよ!』と言いました。

…あの、“花と蛇”の杉本さんですか?
『そそ。べつに杉本彩じゃなくていいんだけどさー』
なんだい、そりゃ…肉食系女子を描けってことかい
『そーそー。色っぽい女の人をかいてみたら変わるかもよ』

学生時代に、恩師にも
「面白い絵を描くのに、お前の絵には色気のイの字も無いなァ。恋をしてないな?男でも作ってみろ」
とのんびりした口調で、急所をグッサリつっ込まれ


女子として致命的な傷を負って生きてきたのでありました、トホホ。


友人の『杉本彩』発言も、
「そういう絵を意識して描いたら、君もいい風合いの女性になっていくんじゃないの」という意味です。
あぁ、そうだなぁと思いました。
まーちゃん。なんて友達想いの人なのだ、君は。


昔は中々それらをカタチに出来なくてダメダメでしたが、
今は少しずつ表現できるようになってきたかな…って作品を一枚制作中。

内面、大事よね。
精進します、いえ、精進してるのよ。うん。少しずつ表現の幅が広がればいいですよね。
なににしても、「地に足の着いた」は肝要です。
じゃないと痛い漫画になっちゃいます~。




d0042847_2230376.jpg

話は変わって、これは石です。石っころです。

数日前の夕方、近所の川にかかる橋の上をぼーっと歩いていました。
大型車の通行量が半端じゃないこの大きな橋の広い歩道を、ぼへーっと歩いていたわけですが
その歩道の上に、これがごろりと転がっていたのです。
下校途中の小学生あたりが遊んで、あそこへ落としていったんだなぁ、きっと。
ええ。派手に転びそうになりました。


私の足をひっかけたその石は、手に余るほどの大きさで、見事なまでに、丸い。


どこをどう転がればこんなにまぁるく滑らかになるんだろう?
はじめ、ソイツを川に落とすつもりで、ゲシゲシ2~3度蹴っ飛ばしていたのですけれど
重いから、大きな音だけ立てて、ちっとも前へ転がってくれないの。
段々と蹴落とすには勿体無い気がして、拾い上げ、お持ち帰りです。
すれ違う通行人にじろじろ見られました。


拾い上げれば、ズッシリと…うんうん。人間の持つ投石欲(?)を掻き立てられます。
原始にかえるようですね。
どこかの家や車、人めがけて『ガッシャーン』やったらスッとするだろうな(笑)


お尻のところが丁度凹んでいて、座りが良いんです。小さな石碑のよう。
「ここまで出来てるんだから、アンタ、上手く料理してよね」
と、石が言ってるみたい。存在感たっぷりです。


じゃあ何か絵を描いてやろうと、机の上に置いてしばらく眺めているんですが
どうもピッタリした図柄が思い浮かびません。
筆を入れてしまっては、自然に備わっている大らかさが消えてしまいそうで、何もできずにいます。


どうしようかな。このまんま、机に置いておいてやるかな?
もうちょっと絵を描くつもりで眺めてみようかな。


秋ですねー。




[PR]
by sichihuku | 2009-10-15 23:27

Bookmobile




うひゃ~。北海道は完全に寒くなりました!!とうとうストーブに火を入れて、毛糸の靴下の登場です。
今いる部屋は暖かくぬくぬくですが、トイレとか玄関とかへは行きたくないな…。
インフルエンザまだ流行っていますね。皆さんも気をつけて!
d0042847_12473977.jpg

『移動図書館』(部分掲載) 59.5×14.7㎝ 
ケントボード、耐水性インク、アクリル絵の具(液状含む)、色鉛筆


作品全体は、ホームページからどうぞ!→http://sichihuku.net/


前に書いた、ケント紙のイラストボードの余りを使った作品を完成させました。
アクリル絵の具をうすーく溶いて、描きすすめてみたら、一番ストレスの少ないやり方だった!!
水彩のように、下に描いた線を透かし重ねることも出来るし、少し絵の具を盛って描くことも簡単に出来る。
もう、家に使わずにいたケントボードをこうして使えるのが嬉しい!
つるつるしたケント紙は、水を吸い込みにくいので、透明水彩にはあまり適していないのです。
リキテックスから出た、液状のアクリル絵の具も初めて使ってみました。コレに関してはまた別記事にて。
d0042847_1324959.jpg

この絵の題材になったのが、このおもちゃ。小さな頃からあるミニカーです。
『いどうとしょかん』と書いてあるでしょ?
たくさんミニカーは持ってて、その中でも一番のお気に入りでした。
子どものころから、この移動図書館が走る街ってどんなところだろうとよく想像したものです。

実際には、毎週土曜、食料販売の移動車は近所に来ていた事もあったんですよ。
「おお牧場は緑」(Ah Lovely Meadow)の曲がそのトラックから流れると、
私は外に飛び出していって、大瓶の牛乳やゼリーをかってもらうのが楽しみだった。その絵も近々作りたいです。
移動図書館も来てくれたらよかったのに!
d0042847_1331177.jpg

わかる?これ、ちゃんと窓が開くんですよ。
展示するときは、このミニカーも一緒に並べたいな!!



[PR]
by sichihuku | 2009-10-05 13:50