「ほっ」と。キャンペーン

わたくし、こんな絵をかいてます~Look at my ART!

qumiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

不思議なマットの形態

「Aoyama Flowers №1」2007年11月制作。実物大。
d0042847_14593271.jpg


私が仲良くしてもらってる額屋さんでは、よくポストカード大の白いマットを買いに行きます。
それに絵を描くのがマイブームのひとつ。
今までは、絵が主役であり、マットはその脇役でありましたが、
それが同等になったり、あるいはマットが主役になってもいいんじゃないかな、と。


ご主人や、おねーさんと話をしながら店内を物色しておりますと、
なにやら本当に不思議な形態にくりぬかれた、小さなマットが慎ましく並んでありました。
d0042847_1512684.jpg

おねーさん曰く
「こんなのどー使うんだかわからないけれど、面白くてつい機械の限界を試したくなっちゃったんです」
絵に使われた小さな穴こそ、マットカッターが作れる最小値の直径なんだとか。


「みてみてー、こんな風に使ったよ!」先日、あの額屋さんに、この作品を持っていきました。
額屋さん、大興奮!!「こー来たかぁ、なるほどなぁ」
また出来たら見せてあげるね~。まっててね~。
[PR]
by sichihuku | 2007-11-22 15:14 | こんなモノにも!

サワサワガーデン

「サワサワガーデン」 色紙大。2007年11月制作。
d0042847_094775.jpg

透明水彩、鉛筆、色鉛筆、水性色鉛筆、パステル、ゲルマーカー、ダーマトグラフ、ホワイトインク使用。
[PR]
by sichihuku | 2007-11-20 00:17 | ココロの絵

コマーシャル視聴OKです!!




以前にもお話した、私が出演させていただいている
CMを、こちらから視聴できます。
 →旅NAVIキタガイド Website
[PR]
by sichihuku | 2007-11-20 00:05 | お知らせ

踊り狂う獅子舞親子・夢の競演

d0042847_20204530.jpg

こんなものに10,000円以上使ったよ・・・。
本人は決して「こんなもの」とは思ってはいないけどね。
数年前から欲しかった「踊る獅子舞」。よくいく画材屋さんで売られていて感激!
先々週の土曜に小さな方を買いまして、先週の土曜に大きなほうもゲットー!!
んでは、早速!獅子舞親子の夢の競演が叶い、踊ってもらいましょー!
めちゃくちゃうるさいのなんのって。

じーっとみてたら、隣にいたインフォメーションのお姉さんも
「それ…たまりませんよね。どうぞ気の行くまでゆっくりご覧くださいね」

高校生が「これチョーかわいーんだけど」話してるところへ割って入り、

堂々「これくださいっ」
デカイ方を指名!!

彼らの目が
「まじでこれ買うんかい」といってました。
[PR]
by sichihuku | 2007-11-18 21:01 | 制作閑話

ロンシャンスー(龍山寺)での出来事

おバカなsichihukuは、台湾でも失敗をしてまいりました。
とても有名なお寺である龍山寺では毎日たくさんの参拝者が訪れます。
日本の寺と違って、とても明るい意味で生活を支えている感じがして、活発でざわめいていても心休まる場所でした。
ここにはたくさんの神様がまつられていて、一体一体に線香を上げていくのですけれど
私もいろいろ願い事はあるわけであります。

…とくに恋愛関係では。

目を閉じて、とりわけ長く参拝してたら、線香の先に謎の未確認生命体の反応があり…
わが目を疑いました。

d0042847_1956923.jpg

お婆さんの髪の毛に火が触れており、チリチリ焼いていたではありませんか!

文句を言いたげにしてましたが、フガフガ入れ歯が邪魔して言葉にならない様子。
完全な不慮の事故…申し訳ないです。


d0042847_1959155.jpgd0042847_20128100.jpg
龍山寺の前に差し掛かると、お供え用の花売りがたくさんいます。
紫色のきれいなお花です。
その匂いなのかわからないけれど、とても爽やかな香りに満ちていました。
匂い袋買ったんだけどね。あの匂いとは違うなぁ。
[PR]
by sichihuku | 2007-11-18 20:18 | 旅行でであったモノ

水彩画「めるへん」

d0042847_23562149.jpg

「生命を大事にするイメージで」がお題の作品でした。

セイメイ、をダイジにする・・・?

はて…

それって判りやすい所で、木とか植物?赤ちゃんとか?
あはは、それって超安直じゃん!どんな生命も大事だよ。
そう自分でツッコミを入れながら着手。
多分、勢いのよさという意味が必要だったのだろうと思いました。
勢いよく、楽しく、にぎやかに。



d0042847_23564695.jpg


生命を大事にする
= 体力に合わせてそれなりに生きる
= どうせなら楽しく


悲観的になってて命大事にできませんからねぇ。
自然に死ぬまで生きてたら良いんじゃないのかな。
他人の命をぶん取ったり、勝手に人生リタイアしなきゃ十分だと思う。
誰だってフツーに暮らしてるだけで一生懸命やってんだからね。でもどうせなら楽しくやりたい。
私だったら、美味しいものたくさん食べたい、とか。絵をたくさん描こうとかなんだけど。

指図無く「命を大切に」の絵を作るとしたら…「大霊界」にゃしたかないけれども
確実に全世代の人間や、交尾中の動物とか
"産婦人科街"を建設して… ゲイもヘテロもバイもフツーにいちゃいちゃしてて
いろんな"死に掛けの人"、大仏さんとかも描き入れます。
もちろん他の神様もいてくれないとだめだよね。
それでも全然足りないや。
もちろんお花たくさん咲かせて。え?じゃあ造園屋さんも必要だよね!?

ぐえー難し~。絵巻物になりそうだよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0042847_033815.jpg

こちら、道新文化センターの講座、
「色彩豊かな元気アート」。


来月1日から道新文化センター7階で講座ロビー展を行います。
いろんな講座に混じっての本当に小さな展示ではありますが、みんなにとっては初お披露目の場。

気合入ってます。


これは展示に使う小道具の製作中。生徒さんのアイディアから生まれました。
追って詳細をアップします。
[PR]
by sichihuku | 2007-11-18 01:01 | 風景

めるへん・左

「めるへん」2007年10月制作 A4サイズ(表示されているのは画面左側)
d0042847_1454536.jpg


ロッドリングペン・透明水彩・カラーインク・色鉛筆・ポスカ・マーカー使用
[PR]
by sichihuku | 2007-11-15 15:02 | 風景

ココロのなかの絵。

デジカメの他、大切なパソコンの故障により、泣かされた週末を送ったsichihukuでありました。
本日完全復活。絵はまじめに描いております。ちょっと変わった作品を掲載いたします。
「グニュグニュ№1」 透明水彩 アクリル絵の具 ハードパステル 鉛筆&色鉛筆 ダーマトグラフ
d0042847_23565335.jpg


頼まれた絵を描く機会が多く、「楽しい絵」をたくさん生みました。
でも、なにかこう・・・ドーンというかバーンというか
「具体的ではないモヤモヤしたもの」に取り掛かりたくなったんです。

いろんなことに挑戦させてもらった一年だった。

ぐるぐる混沌としたものが、当然ながら私の中にもあるみたいで、それを掘り返して見る作業は
大変だけど楽しい。でもちょっと怖い。必要なことのようにも思います。

けど一枚描いただけじゃ、足らないなぁ。
自分の知らないじぶんを探すのって、興味あるし、それを見る人がどう感じるかも面白い。

気持ちって形があるようでない。ないようで、ある。
自由自在なんですよねー。
[PR]
by sichihuku | 2007-11-14 00:20 | ココロの絵

業務連絡

各位

来週まで、パソコンとメール通信が一切できなくなります。
お手数ですが、諸連絡等は自宅か携帯まで直接いただきますよう
宜しくお願い申し上げます。
ご迷惑おかけいたします。

佐藤久美子
[PR]
by sichihuku | 2007-11-08 18:10

食いもん旅行2

MRT南京東路駅近くにあるブラザーホテルの中にある梅花廳(メイホアティン)。
d0042847_13115399.jpg

沢山注文した中でやっぱり美味しかった点心。私のお気に入りはイラスト中央の一品です。
香草の味がここでもします。華やかさはなくても、半透明のプリプリな皮につつまれ
中の具と触感が似てる。とても不思議なんだけど、香草の強さがかなりあるはずなのに
全く嫌味なくむしろ上品な味がしたんですよね。爽やか!といっていいくらいです。
タロイモの揚げや、豚肉の甘いものなども注文して結構脂分はあったかも知れません。
でも胃には不思議とたまらない。
一緒に飲んだプーアル茶の香ばしかったこと!


d0042847_1340378.jpg

二階にあがって入りますと、まだ準備中の様子でした。
ありゃ…失敗したかぁ~?と半分「入れてちょうだいな」という風に入口に立っていると
「ドウゾ!」と気持ち良く通してくれました。「まだ準備中なのです」ええ…わかります。すみません・・・。
通常はワゴンサービスがあり、点心が入ったセイロを積み上げてフロア内を走るんだとか。
へー。でもいいの、メニュー見て頼むからね。
電車が走る音や工事中の音を外から聞きながら注文して食べたの。

青菜炒めの味は、結構どこも同じ味付けのようです。
伝統的なものなのかしらねー。

d0042847_1325437.jpg


街を歩いていたら、日本語の看板もよく目にします。これはよくあるフランチャイズのカフェかな。
看板の写真を撮ってる私の脇で、小学生くらいの女の子がオーダーしてましたね。
かなり細かく注文出してたようだったけど、出てきたのは黄色いジュース。なんだい、それ…。
こちらはこのあとね、苦茶(ク―チャー)を飲むんだよ、お嬢ちゃん。

ここでは飲み食いしませんでしたが、台北ではどれも幸せなのみもの食いものです。
[PR]
by sichihuku | 2007-11-05 14:14 | 旅行でであったモノ