わたくし、こんな絵をかいてます~Look at my ART!

qumiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

You give me something #1

ああっ…作品載せるの超久々だなぁーーーーっ
d0042847_12584024.jpg

“もとめてる” 2007年 銅版画(写真製版)、透明水彩絵の具、鉛筆で着色、描写。

これ、去年末に版を作ったんですよね。とっても個人的なことになっちゃって恥ずかしいんですが、
まぁ、いいか。
本当に欲しくてたまらないものがありまして…本当に切に願っていたものなので
それを表したくて描いていたんです。
でも、やっぱりあきらめなくちゃならなくなって、この作品も宙ぶらりんになってしまった。

今の私と、あの頃の私は違う。そりゃ両方愛おしいけども
どうやって今の自分にリンクさせたらいいかなーと思ってたら
欲しいものはもっとたくさんあったはずだよな、と気がつきました。

手をのばしたら、ほしいものなんてたくさんもっとあるじゃんと。

色違いもつくりました。それは次回。

Undiscovered
James Morrison / / Universal
ISBN : B000GOQST2

あの時よくラジオで耳にした"You give me something"が流れてきて、歌詞を覚えちゃうくらい聴いてます。
だって夢にもでてきたもん、ジェームス・モリソンが!!
プロモもいいんだよなぁー。お気に入り。

自慢の品!講座日記
[PR]
by sichihuku | 2007-04-30 13:25 | 版画作品

ただ今、制作中です

d0042847_18101240.jpg

ちょっと大きめの絵を描くなんてとっても久しぶり。
初めて原画の注文を承って(普段は版画プラス手彩色の作品のみの販売なので)いるのです。

ここからまた色がついて表情がついて、カラフルにぎにぎしくなっていくんですよ。

お題は YOSAKOIソーラン
前に描いたのよりもちろんバージョンアップさせる予定。前回からもう三、四年経っているからねぇー
もっと奔放に、踊り子を動かせてあげられたらと思います。

経過、アップしていきます!
[PR]
by sichihuku | 2007-04-23 18:10

sichihuku講座スタート!!-画材屋さん見学ツアー!

d0042847_1391629.jpg
4月7日から始まった道新文化センターでの講座。もう二回が終わりましたが、ほのぼのとやっております。生徒さんの年齢層が広い!広い!!広い!!いろんな人が集まってくださいました。私と同世代の生徒さんもいる!!
初心者の方が多い中、これを描きたい!こんなことしてみたい!とハッキリしたものを皆さん持っていて、なんだかたくましい。
そうなの。
みんな描くものが違うんだよ!!
うちの庭の花を描きたい 北海道産の野菜をビビットに描きたい 布に描きたい 
パステルと併用してみたい ドラえもんたくさん描くぞぉー などなど。
家に眠っていた画材や気になる画材をチェックして、今日から描き始めます!



d0042847_1405616.jpg

始まって二回目ですが 「教えて!どぉーしても知りたいことがあって!!」と飛び込んできた生徒さんや、また

生徒「センセ!(←まだ呼びなれないんだけど) 私ずっと前から先生のブログ見ていたんですよ!」
「えーっ ホントですかぁーうれしー」
生徒お父様のブログも拝見させていただいてました」
「…えっ ソレ本当すでツか…」
という生徒さんもいらっしゃいます。
どことなくぎこちない私に「力みすぎないで、大丈夫よ~」と声をかけてくれる人もいて
みんながフォローしてくれる。助けられています。ありがとう。


d0042847_1395692.jpg
さて画材屋さんにつくと、皆それぞれワーッと興味のある棚に散らばっていきます。
ほぼ全員画材屋さん初体験!!
「これなにー」「うわ、この筆すごく柔らかいなぁ…」「全部欲しい~」「先生こっち来てー」と皆楽しそう。
売られている様々な紙もサンプルを店員さんにみせて触らせてもらいます。

私はちょっと離れた所からその説明を聞いていて一緒に「へー」だの「ほぉー」だのうなずいて
そのうち生徒さんたちと一緒に「そ、その紙も触らせて!」と叫んでおりました。知らないことたくさんだぁー

小さなころ、私のお父さんが一緒に絵を描いて遊んでくれた時のように
自由に楽しく進めてまいろうと思います。
[PR]
by sichihuku | 2007-04-21 02:56 | sichihuku講座

「小鳥のひろば」全体はこんな感じ!

d0042847_22301578.jpg


左:改装前の「小鳥のひろば」
全部がステンレスで、冷たい感じしかしなかった。




ねっ。改装後の方がかわいいでしょ!!
d0042847_22363434.jpg

オープン4日後にようやく見ることができました。朝と夜に行きますと結構みんな楽しそうに中の小鳥を見ています。


d0042847_22374856.jpg
こうしてみるとこの場所って公共機関を使う市民には大事なところなのかも。ここから出ることのない小鳥達。申し訳ないけれど、やっぱりいないと淋しいよ。人間に好かれて、責任重大な役どころだったのね。


d0042847_2242429.jpgd0042847_22425448.jpg
改めて中にいるインコをみる。ちょっと前より可愛くなったんじゃないの?
…っていうのは気のせいかぁ。

前から可愛かったんだねぇ。
[PR]
by sichihuku | 2007-04-06 23:01 | その他お話

札幌地下街オーロラタウン 小鳥のひろば

d0042847_218488.jpg


札幌地下街ができた当初からあった「小鳥のひろば」
新聞記事を見ると、35周年!
そんな昔からあったのか~ なぜかインコしか居ないんだよね。

そんな「小鳥のひろば」が改装されることになって
ケージ上の小鳥のレリーフと
看板(ロゴデザイン)
シンボルマークの制作を私が担当しました。


左は看板の制作風景。色は職人さんが塗ってくれてます。
職人のNさんは色をすばやくキレイに適量つくる。



d0042847_21143343.jpg
北海道新聞・朝刊4月5日。
オープン前からちょこちょこニュースになってたらしいですね。夕刊も取ってないし、あんまりテレビも観ないので、初めて関連記事を目にしました。
工事期間中、小鳥は丸井今井にいたらしいよ。私も気になって関係者の方にお尋ねしたら
「だってあんまし長距離の移動ってできないでしょ」とのこと。


d0042847_2117622.jpg


これが吊り看板。案を作成中の際には「お母さん」と呼ばれていました。
工房にお邪魔して、自分が描いた絵が
木やアクリルに具体化されているのをみると、「へー」だの「ほわぁぁ~」「おおぉ」だの唸ってばかり。嬉しかったな。実感があるような、ないような。

例えば、今回お世話になった広告看板の職人さんたちは
色んな素材や道具、方法があってそれらを駆使して街中に色をつけている。
それは看板だったり電光掲示板だったり、壁画だったり。
なんだか魔法使いのようだー
どのお仕事も大変。みんなが居ないとみんなが困る。

d0042847_21173024.jpg


私も夢中になって色を調節したり塗りまくりました。
「たのしそうだねぇ」と作業中声をかけられたくらいなので、
ニヤつきながらやってたんだろーか、私。
それが、少しでもあの場所に反映してくれていたらいいな。



d0042847_21232950.jpg
作業が終わった後、とても礼儀正しく物静かな職人さんが
「ナナイロクワガタって知ってますか」とポツリとおっしゃった。

すんごい。
生きてるよ。動いてるし。光ってるよ。かっちょええ。

小さなナナイロクワガタの羽根を二枚いただいて
私のお仕事は終わりました。
[PR]
by sichihuku | 2007-04-05 22:09 | その他お話