「ほっ」と。キャンペーン

わたくし、こんな絵をかいてます~Look at my ART!

qumiko.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

てけれっつのぱ原画と発売日

d0042847_184430.jpg
昨日25日に発売になりました。
蜂谷涼著・てけれっつのぱ(柏艪舎刊:税抜1,800円)

全国書店、アマゾンでも買えます!→Amazon.co.jp:「てけれっつのぱ」ページへ
(地味に私はこれが嬉しかったりする)

原画です。F6号、ワトソン水彩紙にロットリングペン・透明水彩絵の具。
d0042847_19151.jpg

「車曳きを中心に考えていただきたいのですが、威勢のいい感じでお願いします」との事だったので、あれこれ描きました。
あれは高校の修学旅行…。
人力車がいたのに生来のドけち根性が動き乗らずに帰ってきた悲しい思い出が頭をよぎりつつ
東奔西走している“銀次”を色んな視点から描いてます。
バック処理がどうなるかこの段階では分からなかった為、原画はほぼ白いままにしてます。
もっと派手派手にしたい気持ちを抑えながら、ちょっと変わった法被を着せました。


d0042847_1102731.jpg

初めて原画を持って出版社へ。
どんな事になるのか全く分からなくて、
思いつくものを次から次にカバンに入れて行きました。
このカバン+原画を収める専用の大きな製図カバン、
勢い余ってまっさらな画用紙まで持参。

車の免許ないって辛い…。


d0042847_111192.jpg



d0042847_112092.jpgでも持っていった甲斐があって、
色の微調整ができたらねぇ…という話になって
すかさず「今修正しますよ」
事務所で1時間画材を広げて作業をしました。
筆洗いは誰のかは知らないけれど、ドンブリを拝借…いいんだろうか…。

あたしだったらヤだな~

ほんとごめんなさい。


d0042847_1131893.jpg

これは実際には使用されなかったもの① 裏表紙か見開きに使えるかな?と思ったんですけどね。

d0042847_121165.jpg

仕事帰りに思い出して二軒、本屋さんへ寄ってみた。

お~平積みされてるー。

そして売れてるぞぉ~。
d0042847_1211073.jpg前日蜂谷さんがテレビで宣伝していた効果かな。



良い本に関われてやっぱり嬉しい!
随分と派手なイラストレーター新人デビューになりました。
本当にわたし、卵からヒヨコになったんだなー。ぴよぴよ。
[PR]
by sichihuku | 2006-05-26 02:15 | portrait

いよいよ発売間近「てけれっつのぱ」カバー

ど~~~~~だ!!でっかくアップしちゃうもんね!!!
d0042847_332431.jpg

ちょっと大きくしすぎ?
今月25日に柏艪舎から発売されます。
蜂谷涼著、「てけれっつのぱ」
原本見本が昨日ようやく渡されたので、改めて掲載させてもらいました。
d0042847_343063.jpgd0042847_323976.jpg

「佐藤さん、やっとできたんですよ~」と軽く手渡しされた本に感激しとしお。
出版社の真ん中で「あ~~~、ちゃんと本になってるー」と驚いてしまいました。
いつもの自分の制作とは全く違った「ものつくり」でしたが、
パソコンも弄れない上、何もわからない私の意見を多く取り入れてくださった柏艪舎さんに感謝。
そしてこの表紙を気に入ってくださった蜂谷さんにも感謝。
初めての仕事が蜂谷さんのカバーで私は幸せ者です。ありがとうございます。
d0042847_3244436.jpg

こちらはカバーを取った表紙。
最初は「手ぬぐいの模様にしよう」といっていたのだけれど、混み入りすぎて却下。
どうしよう…と事務所で出されたお茶をすすりながらひらめいたデザインがこれ。
「あー!!」と絶叫して担当の方の元へすっ飛んで行き、

私「どうすか、これ」
担当「え…何なんですかこれは」
私「かくかくしかじかで…新しい土地のイメージで。どうすか、どうですか」
担当「あ、いいですね!」
私「ひらめいちゃいました」
担当「ひらめいちゃいましたね」
ポスカで2本線を引いて、パソコンでベタにしてもらいました。

d0042847_3562319.jpg


一冊のために描いた絵は13枚にも及びました。
少しずつ、それらの絵も公開できたらと考えています。

なんでも臭いを嗅ぎたがる性癖の私はとりあえず新しい本の匂いを
吸ってみました。
いい匂い。
[PR]
by sichihuku | 2006-05-19 04:02 | お知らせ

sichihukuさんの頭の中

和食料理屋さんのホームページイラストのお仕事が決定!
この間の取材で初めて「イラストレーターの佐藤です」と名乗り、
相手の方がすんなり「あ、どうもお待ちしてました」…と受け応えてくださったのにちょっぴりニヤリ。
ようやく少し今の生活に身体が馴染んできて、
お仕事とは別にやりたいことが頭の中をめまぐるしく回って忙しい。
d0042847_21345255.jpg

皿の絵付けは何を描こう、部屋の壁時計のプレートも作り替えたい、
そうだプランターも作らなきゃ。部屋の窓には置けないので上から吊るそう。
じゃぁ、梁が必要じゃん!あぁ、カマダさんと羊の毛刈りにいく約束もあったぞ…
土と素材はなにが合うのかな。型押ししたらどうかな。
銅版画ウチでできるようになれないかな…
などなどこんな事を何枚もメモしてこれらが作品の元になり、スケッチになります。
無駄な事は何一つありません。
d0042847_2142288.jpgd0042847_21472192.jpg(函館・明治館で撮影)

d0042847_21451353.jpgd0042847_21343850.jpg

左の書は鹿児島から送られてきたもの。味のある字をかけていいな~。
彼女は陶芸家のところへ弟子入りして作品を作っている子。
私も陶芸またやりたいー!!今年後半は立体に絵を描きます!
[PR]
by sichihuku | 2006-05-16 21:49 | 制作閑話

10年前の作品を複写中。

d0042847_3432463.jpg

注文作品をせっせと制作中。
その中の一枚で、題名は『月夜』。
高校三年生のときに描いた絵なんですが、立て掛けてあるのが原画で、
寝かせているのが現在進行中の一枚。

線を写真製版した銅版画でまいどおなじみ、
原画と同じく透明水彩絵の具で色付けしています。
10年前の自作の絵を模写するなんて考えもしなかったよー。
さすが私!というか、同じ手順で制作した作品は去年から沢山作ったけれど
これが一番難しい。



シンプルなブルーな様でいて、なんと複雑な色使いをしていることか。
自画自賛というより…『18歳の佐藤さん』にただただびっくり。
この『月夜』は自分にとって特別な一枚。あれから10年経って上達したけれど、
これ以上の作品はまだ作れていないと思うんです、
と三月の個展でもお客さんに説明をしました。
それがなんか、改めて実感しているところです。

『18歳の深み』を出すのは難しい。

なーんか、色々考えちゃうなー。
眠たいのに寝られなくなっちゃいました。
こんな絵、また描けると良いな。
35歳の未来の自分が末恐ろしーと唸るような一枚を。
[PR]
by sichihuku | 2006-05-13 03:43

ブログ一周年記念


d0042847_12401478.jpgd0042847_12451118.jpg
ブログ一周年に当たる日、私は札幌パークホテルにいました。
去年冬・墨象に偶然であって、まさかはまり込んでしまっているとは思いもし無かった事。
人生って分からない!
d0042847_1247516.jpg
先が何も見えないままおどおどビクビクしながらはじめたブログ。
いろんな人と出会い、版画を始め書をはじめ、個展も開いて
ヨチヨチながらもイラストの仕事も出来るようになった。
「おい!お前何とかいい方向むかってるぞ!」と
一年前の私に声かけてやりたいです。


d0042847_13101795.jpg

仕事の関係で、現在制作しているものをまだアップできずにごめんなさい。
もう少しで一冊めの装丁の本が販売されますのでしばらくお待ちくださいね。

これも早朝の函館で撮った写真。
ガラスのおみやげ屋さんだったんだろうか。朝日にあたってキラキラ光るおもちゃ箱のようでした。
中へ入る事が出来なかった分、夢が広がる…と強がってみる。
ちくしょ~、物色したかったのに~!!!

これからまた新しいお仕事の初取材!行って来ます!!
[PR]
by sichihuku | 2006-05-11 13:53 | 書・墨象

はこだて・えさし旅行

日本の住宅を絵にしたいとずっと思っていて、その取材旅行でもありました。
ゆっくり出来るなら一日使ってゆっくりスケッチもしたかった。
d0042847_1354364.jpg

函館・元町。

だいたい元町教会の近くにあったのですが、
なんとこれ売り家になっていました!!

「うぇー、これ幾らで売ってくれるのかな~」
「5千万…じゃ手が出ないよね」「貸してくれるんじゃない?」
「一年間契約で貸して欲しい~アトリエにしたい、何でも描けそう」
「ゼッタイお前には貸してくれないから」
と呑気な事を言いつつ、皆ちょっぴり目が真剣。
夢見るのも真剣です。
宝くじ買おうかな~。

d0042847_1420683.jpg


江差には小さな頃しか行った事が無く、実際に街中を歩いたのは初めて。
震災があった後、あちこちで町の建て直しをして味気なくなっていく中、
江差だけは昔の風景そのままに生かそうとしたんだとか。
新しい建物も、昔と同じ建て方をしている。
d0042847_154019100.jpgd0042847_15441632.jpg
d0042847_1428117.jpg
d0042847_14515953.jpg
漆塗りの工房を見つけて、閉まっていたにもかかわらず中を見学させていただいた。
右上の写真は室谷さん自慢の床板。左側と右側と温度が違うんです、という。
木の材質によって足の裏に伝わる暖かさが異なる。左側が無垢材。
室谷さんが20回以上も繰り返し磨いて漆を塗ったそうです。
すっかり仲良しになっちゃいました。旅先での出会いも面白い。d0042847_14491578.jpgd0042847_14452740.jpg


こちらはまた函館のお寺屋根。
私はこのお寺の屋根を見るのが大好き。だってドでかいんですもの。
北海道ではあまり瓦屋根の家を見ることが出来ない。修学旅行で京都奈良へいったとき
何が一番驚いたって瓦屋根の住宅だったもんなぁ。
d0042847_15212683.jpg

函館や江差は本州との玄関みたいなところだもんな。
なんだかそのまま青函トンネル抜けて青森へいきたくなりました。
d0042847_15462384.jpg


5月6日はこのブログ「わたくし、こんな絵をかいてます。」の一周年記念日でした!!忘れてたけど!!!
[PR]
by sichihuku | 2006-05-09 15:48 | 写真も撮ります

はこだて夢旅行1

d0042847_21574488.jpg

は~るばる来たぜ函館ー!!
「札幌と当別以外のところへ逃げたい」と去年11月からの希望が叶い、
一泊だけでしたが道南をぐるり回って来ました。

目的は
1・うまいもんを食べまくる
2・撮影旅行


カメラを二台持っていって、デジカメのメモリーも一杯になってしまって、
携帯カメラ分とデジカメのメモリーカードを現地で買い足ししました。

この三枚は函館で撮影しました。


d0042847_2152343.jpg

I traveled to Hakodate.
These photographs are the one having taken in Hakodate.

How is it good if it is possible to work in such a wonderful Place?


d0042847_2231871.jpg

函館は学生の時友達と行ったきり。
随分様変わりしていて驚きました。それでも元町は相変わらず憧れの土地。
将来、元町に仕事場持てたらどんなにいいだろう…。
ゴールデンウィーク中であったため、自分達を含め観光客でごった返していた函館。
金森倉庫では人の切れ間を待って、外では早朝カメラを持って歩き回る。
日本家屋も勿論多く撮ってきました。
また掲載します。
[PR]
by sichihuku | 2006-05-05 22:46 | 写真も撮ります

鹿児島の久美子さんからお荷物届いてます!


d0042847_2232418.jpg鹿児島から荷物が届きました。
ブログ「陶工房久美のつぶやき」のkumikumi50さんからの荷物です。

d0042847_22344593.jpg

絵の具!!
陶芸用の下絵絵の具です。
kumikumiさんは鹿児島の陶芸家。彼女のお弟子さんが、大作にカラフルな絵付けをしていたのをみて
「いいですね~、わたしもやってみたい~」と気軽にコメントをすると
「じゃあお送りしますよ」とのお返事。

d0042847_22375790.jpgうっそーホントに~?
なんていってる間に絵付けする為の素焼きの大鉢と、
彼女の作品とを送ってくださいました。
「この絵の具は本当に発色がいいんです。久美さんの引き出しが増えるといいな」

彼女も私も名前は「久美子」。
電話でお話をしましたが、すごい親近感。ついつい長話。



血気盛んな私は、その日も徹夜で装丁の絵を描いていました。
だらしなく昼まで寝ていて、荷物到着は午後一時。「おい、こら、kumikumiさんから荷物届いたぞ!」の声で起床。
こんな大きな皿に絵を描くなんてどうしよう。丸いキャンバスに絵なんて描いた事無い!
興奮します。


d0042847_22464150.jpgd0042847_2249122.jpg


d0042847_2315859.jpg


送られてきた絵の具はマニキュアみたいな入れ物に入っています。
それでも水に溶かしながら使う為、長持ちするんだとか。
落ち着いた色合いで、名前も「空色」「海色」「葡萄色」などきれい。
可愛すぎ!!



陶器には前から絵を描いてみたかった。
色んな用途の色んな絵の具があって、自分の道具にしたときにはもう世界が広がっていくんですねぇ。
まさかブログで、一番離れた暖かな南からこんな風にしてやってくるなんて夢みたいだ。
「佐藤さんの絵、立体になったら面白いだろうねぇ」という方もいらっしゃって
まさにこれだ!って感じ。
あれこれイメージが頭に浮かびます。

kumikumiさん、本当にありがとうございます。
こんな見ず知らずの私にこんなに良くして下さって…。
必ずや完成させてアップします!
陶芸作品増やして、展示できるまでガンバリマス!!!!
メチャメチャ楽しみで仕方ありません。こんな機会を与えてくれて、感謝は作品でお返しします、
期待してくださいね!



d0042847_22532781.jpgd0042847_2253412.jpg
上三つがプレゼントしてくれたフリーカップとぐい呑み。
ぐい呑みの深い瑠璃色に引き込まれそう。
わたし、日本酒飲むようになろうかなぁ。


早速コーヒーをいれて飲んでみる。早速お気に入りのカップになる!!


d0042847_23204761.jpg


明日から函館旅行に行ってきます~!
久々の旅行だ~。旨いもんたらふく食ってきま~す!
[PR]
by sichihuku | 2006-05-02 23:25 | 制作閑話